トップページ > 市の紹介 > 観光 > 座間の大凧 > 大凧の文字書き

大凧の文字書き

写真:下書きをする小俣会長 写真:文字に色を塗るボーイスカウトのみなさん
 大凧作りは、完成まで約2ヶ月もかかり、さまざまな作業が必要です。大凧作りの作業は大きく「骨組み」「紙張り・縄入れ」「文字書き」「糸目付け」に分けられます。
 ここでは制作作業の一つ、「文字書き」の流れをご紹介します。

 文字書きは大凧に使う紙を体育館に広げ、文字を書き入れる作業です。座間の大凧は字が書かれた「字凧」で、文字の良し悪しが凧の印象を大きく左右します。

(1)準備作業
 体育館にビニールシートを広げ、上に新聞紙を敷きつめます。その上に長方形の和紙(1.5メートル×6.5メートル、一枚60センチメートル×90センチメートルの和紙を縦2枚×横12枚に貼り合わせて四隅に縄をつけたもの)を16枚、大凧の形に 館内に敷き詰めます。
 さらに敷き詰めた和紙に薄い青線を碁盤の目のように糸で引きます。
 同様のマス目は原紙にも引かれており、文字を拡大するときの基準になります。
(2)下書き
 1メートルくらいの木の棒の先に木炭を付けたもので文字の下書きをします。文字を原紙の約60倍の大きさにするため原紙と和紙とを真剣に見比べながらの手作業です。
 はしごを登って字のバランスを2階から確認し、手直しする場所があると布でこすって消します。
(3)墨入れ
 下書きの線を、原紙を見ながら墨でなぞります。塗らない部分に目印代わりの新聞紙を置きながらの作業です。
(4)色付け
 清風の「清」を赤色で、「風」を緑色で色付けします。ボーイスカウトの子どもたちは主に赤色部分を担当します。大人たちは難しいところや緑色部分を担当。
 文字の中なのに、ところどころに塗らない場所があります。白い筋になって残りますが、カスレたように見えるため味が出ます。
(5)縁取り
 色付けをした文字の外側に、一回り大きく輪郭を墨で描きます。こうすることで文字が立体的に浮き出て見えます。
 縁取りが終われば文字書き作業は完了です。
(6)番号振り
 片付ける前に、敷き詰めた和紙の隅に番号を振ります。再度広げるときに分かりやすくするためです。
 
担当(このページに関する問い合わせ先)
情報推進課 情報推進係

戻る