トップページ > 広報紙・写真ニュースなど > 写真ニュース(地域の情報) > 5月の写真ニュース > 皐月の空に座間の大凧「清風」が姿を現す

揚がった!舞った!
皐月の空に座間の大凧「清風」が姿を現す



 写真:空に舞い上がった大凧

 「かながわのまつり50選」にも選ばれている本市の伝統行事「大凧(おおだこ)まつり」が、5月4日・5日のいずれも午前10時から午後4時まで相模川に架かる座架依橋(ざかえばし)上流の相模川グラウンドで盛大に開催されました。
 写真:支柱に支えられ、風を待つ大凧 両日とも、大凧の勇壮な舞いを一目見ようと、会場には市内外から家族連れなど約9万7800人もの方が見物に訪れました。来場者は、わんぱく相撲座間場所や、地元芸能・文化団体による太鼓や踊りの披露など、会場で繰り広げられた催しを楽しんでいました。
 会場の期待をよそに、4日は凧の掲揚には適さない北風が観客席に向かって吹いて危険なため、南風を待つことに。しかし、午後1時ごろになっても北風は止まず、急きょグラウンド北側のスペースを使って座間警察署の二間凧(3.6メートル四方、8畳敷き)を掲揚することになりました。結局、大凧を掲揚するための南風は一度も吹くことなく、残念ながら大凧掲揚は見合わされました。
 翌5日は朝から絶好の南風。まずは、午前10時30分から、座間市商工会青年部の創立40周年記念凧(二間凧)が掲揚されました。続いて、会場の期待の中、正午に大凧「清風」が登場し、引き手の大きな掛け声とともに、空高く舞い上がりました。舞い上がった大凧は、安定した風になかなか乗ることができませんでしたが、最高高度約50メートル・滞空時間約30秒間にわたり、大空を勇壮に舞い、会場からは大きな歓声と拍手が響き渡りました。その後も、午後1時30分、2時30分、4時と掲揚に挑戦し、いずれも大きな歓声の中見事に大空に舞い上がりました。

問い合わせ先 商工観光課 TEL046(252)7604


戻る