育成会・団委員会

 
update 2014/04/14

座間3団育成会は、スカウトの保護者から構成されています。
主な行事は、4月座間市緑化祭のバザー開催、5月大凧祭でのカレー作り、
11月座間市ふるさと祭のバザー開催、1月新年式のもちつき、豚汁 作りのお手伝い等です。
異年齢の子供の保護者とも親しくなれ、楽しい活動を行っています。
保護者の皆さん、ご自身の得意分野を生かして、一緒にいかがですか!
親が楽しむ「育成会」です!

育成会・団からのお知らせ
育成会掲示板


 
緑化祭りお手伝いのお願いとバザー用品ご協力のお願い  2013/3
H25年 新年式開催のご案内 2012/12
ふるさと祭バザー品提供のお願いとお手伝い募集のお知らせ 2012/9
H24年 新年式開催のご案内 2011/12
ふるさと祭りバザー御協力のお願い  2010/10
育成会行事お手伝いのお願い 2009/3/9
入隊上進式・育成会総会(4/5)のご案内
育成会費手数料有料化のお知らせとお詫び
 
2009/3/9
発団30周年記念式典 式次第 2009/1/25
H20年12月:入隊説明会のお知らせ(H20.12.7東地区文化センター) 2008/11/10
保護者対象・AED・CPR講習会のご案内 2008/6/1
発団30周年記念キャンプについてのお知らせ 2008/5/24
H20年度:育成会行事お手伝いのお願い 2008/3
H20年4月:入隊上進式および育成会総会のご案内 2008/3
H19年12月:入隊説明会のお知らせ 2007/12
H19年10月:ふるさと祭お手伝い・バザー用品のお願い 2007/10/7
H19年7月:育成会行事お手伝いのお願い 2007/7/8

第17号(2011/7/1) 第18号(2011/9/13)   第20号(2012/3/24)
 
第13号(2010/9/25) 第14号(2010/12/18)    
第9号(2010/4/ 1) 第10号(2010/4/25) 第11号(2010/6/25) 第12号(2010/8/22)
第5号(2009/4/20) 第6号(2009/6/20) 第7号(2009/8/31)  
第1号(2008/5/20) 第2号(2008/6/16) 第3号(2008/9/21) 第4号(2009/2/25)
団スキーのご案内(PDF)

2013(H25)年
2012(H24)年
2011(H23)年
2010(H22)年
2009(H21)年
2008(H20)年
2006(H18)年
2005(H17)年
発団30周年記念チーフ

応募作品はこちら

2012年度育成会総会
(2012年4月7日)
 

平成23年度組織拡充優良団Aランク表彰

平成21年度組織拡充優良団Aランク表彰

 

平成22年度組織拡充優良団Aランク表彰

 

根塚団委員長 県連特別有功賞
(2010年5月9日)
 

ボーイ隊 県連隊褒状 記念冠頭
(2010年5月9日)
 

大凧祭、お昼のカレー作り
(2009年5月5日)
 

育成会総会
(2010年4月10日)
 
H21年度 地区総会 事例発表
(2009年4月26日)
 

座間市緑化祭バザー
(2009年4月29日)
 

成人対象AED・CPR講習会
2008年6月15日(日)
開催案内  活動の写真

座間ふるさと祭りバザー

(2008年11月2日)
 

H20年度地区総会表彰式

(2008年4月27日)
 

2008年緑化祭バザー

(2008年4月29日)
 

鈴木前団委員長 市表彰祝賀会

(2007年11月10日)
 

2008年育成会新役員
(2008年4月12日)
 

2007年 4月 団員長交代
 

2008年1月新年式

 

2006年4月 緑化祭りバザー


 

H18年度組織拡充優良団Aランク表彰

 

2005年1月新年式お手伝い

 

活動説明会&懇親会&ボーイ隊1級面接
(2006年11月12日)
 

発団25周年記念式典
(2003年10月19日)

 
育成団体(日本連盟教育規定より )
 
育成団体(育成会)は、教育、宗教、社会奉仕、体育、商工及び地域等の団体あるいは特にスカウト教育のために組織された成人の団体で奉仕の精神をもって団を設立し、かつ、その存続を維持し、また教育に必要な施設と経費についての責任を負う団体です。
 
 団委員会(日本連盟教育規定より )

育成団体は、スカウト保護者等のうちから5人以上の団委員を選任し、団委員会を構成しなければなりません。団委員会の役割は、 次のように規定されています。
 @団の資産管理。
 A団の財政責任。
 B集会場・備品および夏季野営実施についての便宜を図る。
 C各隊指導者の選任について責任を持ち、それらの指導者に対し訓練参加の援助を行う。
 D団内スカウトの進歩の促進を図る。
 E団内すぺてのスカウトの入退団を管理し、団の加盟登録について責任を持つ。
 F団内のスカウトの健康と安全に留意する。
 G本運動の主旨の普及に努める。
 

 座間第3団育成会の目標

《 隊行事への積極的参加と支援 》

《 健 全 財 政 の 確 立 》

《 会 員 相 互 の 親 睦 》
 

座間第3団育成会 会則(抜粋)
 
第2条(目的) 本会は、日本ボーイスカウト座間第3団が、本来の目的を達成できるように、育成し、その運動を推進するとともに、会員相互の親睦をはかることを目的とする。
 
第3条(活動) 本会は第2条の目的を達成するために、次のような活動をする。
 @スカウト活動に熱意ある、団委員長の選出。
 Aスカウト活動及び、渉外的支出に対する財政援助。
 Bスカウト活動に必要な備品(器具機材)の供給。
 C指導者の指導力向上のための協力と援助。
 Dスカウト教育と繁栄のための奉仕的協力。
 Eその他の同種団体との協調。
 Fその他の目的を達成するために必要な行事。
 
第4条(会員) 本会の会員構成は、次のとおりとする。
 @正会員  当団「スカウト」の保護者。
 A準会員  本会の目的に賛同し、当団運営のための直接協力者。
 
第14条(会計)
 
本会は次の収入をもって、財源とする。
 @育成会費 正会員(ローバースカウトの保護者を除く)及び準会員納付
 A入会金  正会員が入会のとき納付する(入会時のみ)
         但し、兄弟スカウトが団内にいる人は免除。
 B寄付金
 Cその他
 
第15条(会費) 会費等の金額は、次のとおりとする。
 @育成会費 正会員 スカウト1名につき 月額3,000円
         準会員 年額1口1,000円(5口以上を希望)
 A入会金  入会時のみ スカウト1名につき 5,000円
 Bスカウト会館維持費 入会時のみ スカウト1名につき 2,000円
 但し、特別の事情がある場合は、役員会においてB項を除き、上記の
 金額を免除することができる。
         
座間第3団 団規約(抜粋)
 
 

第2条

本団は、ボーイスカウト日本連盟に加盟し、ボーイスカウト神奈川連盟に所属する。
 

第6条

団会議の構成員は、団委員、隊長、副長、副長補、育成会役員とする。
また、団委員長及び隊長より会議に出席要請を受けた者は、意見を述べることができる。但し、議決権はない。
 

第10条

団行事とは、各隊が合同して行う教育訓練と、団としての礼儀的、家族的、親睦事業をいう。その実施については、団委員長または、団委員長が任命した者が、統一指揮をする場合と、各隊長の共同運営によって行う場合と、自ら担当隊を指示する場合等がある。
 
第12条 団全体としての、次年度行事計画及び予算は、毎年2月、3月の団会議において、事務局及び各隊長より提出された資料に基づき決定される。
 
第13条 各年度の、行事報告及び決算報告は、毎年3月、4月の団会議において、事務局及び各隊長より提出された資料に基づき、承認される。
主な収支項目
 
収入の部 支出の部
前年度繰越金 総会費(資料冊子作成他)
育成会 入会金 育成会 行事費
育成会 会費 育成会 事務費
準会員 会費 団 行事費
市補助金 団 事務費
バザー収益金 登録費(含会館維持費)
スカウト会館維持費 会議費
助成金 慶弔費
お祝い金 備品費
雑収入 教育規定備品費
  ホームページ契約費
  リーダー研修助成金
  GAT助成金(地区VS集合訓練)
  SAT助成金(地区班長訓練)
  DCT助成金(地区DC訓練)
  NJ参加助成金(全国大会参加)
  ビーバー隊 活動費
  カブ隊    活動費
  ボーイ隊   活動費
  ベンチャー隊活動費
  ローバー隊 活動費
  育成会費返納金
  次年度繰越金

※詳しくは、4月に配布いたします冊子【行事計画】(育成会総会資料)をご覧ください。

主な育成会・団行事
 
4月 入隊上進式  育成会総会  緑化まつりバザー
5月 大凧祭参加
6月  
7月 フェニックス発行 各隊夏期キャンプ協力
8月 各隊夏期キャンプ協力
9月 相模川クリーン作戦
10月 赤い羽根共同募金
11月 ふるさと祭バザー  地区ラリー協力
12月 年末助け合い募金
1月 新年式  フェニックス発行
2月 年度登録準備
3月 育成会総会資料等準備