ボーイスカウトとは
あなたも仲間になろう
座間3団の紹介
座間3団のあゆみ
活動にかかる費用
会誌「フェニックス」
活動のアルバム
リンク
 

 

ボーイスカウト運動の創始者 ベーデン・パウエル卿

ボーイスカウト運動(スカウティング)とは


ボーイスカウト日本連盟の「目的」と「基本方針」は日本連盟教育規定の第1条によって次のように定められています。

第1条1「目的」
財団法人ボーイスカウト日本連盟は、ボーイスカウトの組織を通じ、青少年がその自発活動により、 自らの健康を築き、社会に奉仕できる能力と人生に役立つ技能を体得し、かつ、誠実、勇気、自信 及び国際愛と人道主義を把握し、実践できるよう教育することをもって目的とする。
 
第1条2「基本方針」
ボーイスカウト運動は、ちかいとおきての実践を基盤とし、ベーデンパウエルの提唱する班制教育と、 各種の進歩制度野外活動を、幼年期より青年期にわたる各年齢層に適応するように、 ビーバースカウト、カブスカウト、ボーイスカウト、ベンチャースカウト及びローバースカウトに分け、 成人指導者の協力によってそれぞれに即し、しかも一貫したプログラムに基づいて教育することを基本方針とする。

スカウティングの目的


少年にとってはゲームですが、大人の側では「ゲームを通しての責務・教育」です。
スカウトをりっぱな人間に育てるために「よりよい社会人」となるための教育を行うことを目的としたゲームであり、りっぱな品性、強健な身体、器用な技能、他の人々への奉仕といった、よい社会人として持つべき資質を養うものです。
つまり幸福な人生を送れる人になるように、そしてより社会人に育てあげるのがスカウティングの目的であり、社会に役立つ「人間づくり」の活動、それがスカウティングです。

スカウティングの方法


(1)少年の特性を生かした 班制度
(2)野外を教場とし、少年達の要求を満足させながら労作教育や自然科学の実習の機会を与え、大自然の中で宗教的情操を養います。
(3)進歩制度によって自発的に役立つ知識・技能を身につけます。
(4)3つのちかいを心のおきどころとして8つのおきてを日常生活の考え方・道しるべとして
自発的に実行することに心がけ、日々の善行を喜んで行い、他の人々のためにつくす
努力をすることによってスカウトの理想をめざします。

スカウティングの原理


「コペンハーゲン宣言」
(1924年第3回ボーイスカウト国際会議の決議)
 
本ボーイスカウト国際会議は、ボーイスカウト運動が国家的、国際的、普遍的な性格を持つ運動であり、その目的は各々の国および全世界のために、身体的、道徳的、精神的にも強健な青少年を育成することにあることを宣言する。

本運動は、各国組織を通じ、各国に有為で健康な国民を育成することを目的とするという点では国家的である。

本運動は、スカウトの同志愛に国家の障壁を認めないという点で国際的である。

本運動は、あらゆる国、階級、宗教に属するスカウトの間に、差別のない兄弟愛を主張する点で普遍的である。

スカウト運動は、個人の信仰を弱めるものでなく、反対に強化するものである。
スカウトのおきては、スカウトが真に誠実に信仰を実践することを要求し、本運動の方針として、宗教の異なるスカウトの混じっている集会での、宗教的な宣伝を禁止する。

ちかいとおきて、やくそくとさだめ・きまり

 

ボーイスカウトは入隊に際して、次のちかいをたてます。

私は、名誉にかけて、次の3条の実行をちかいます。
1.神(仏)と国とに誠を尽くしおきてを守ります。
1.いつも、他の人々をたすけます。
1.からだを強くし、心をすこやかに、徳を養います。


スカウトのおきて
1.スカウトは誠実である
 スカウトは、信頼される人になります。
 真心をこめて、自分のつとめを果たし、名誉を保つ努力をします。


2.スカウトは友情にあつい
 スカウトは、兄弟として仲よく助け合います。
 すべての人を友とし、相手の立場や、考え方を尊重し、
 思いやりのある人になります。

3.スカウトは礼儀正しい
 スカウトは、規律正しい生活をし、目上の人を敬います。
 言葉づかいや服装に気をつけ、行いを正しくします。

4.スカウトは親切である
 スカウトは、全ての人の力になります。
 幼いもの、年寄り、体の不自由な人をいたわり、
 動植物にもやさしくします。

5.スカウトは快活である
 スカウトは、明るく、朗らかに、いつも笑顔でいます。
 不平不満を言わず、元気よく、進んでものごとを行います。


6.スカウトは質素である
 スカウトは、物や時間を大切にします。
 むだをはぶき、ぜいたくをせず、役立つものは活用します。


7.スカウトは勇敢である
 スカウトは、勇気をもって、正しく行動します。
 どんな困難なことがあってもくじけずに、新しい道をきり開きます。


8.スカウトは感謝の心をもつ
 スカウトは、信仰をあつくし、自然と社会の恵みに感謝します。
 お礼の心で、自然をいつくしみ、社会に奉仕します。


スカウトのモットー  そなえよつねに
スカウトのスローガン  日日の善行


カブスカウトは入隊に際して、次のやくそくをします

ぼく(わたし)はまじめにしっかりやります
カブ隊のさだめを守ります

カブ隊のさだめ
1.カブスカウトは すなおであります
2.カブスカウトは 自分のことは自分でします
3.カブスカウトは たがいに助けあいます
4.カブスカウトは おさないものをいたわります
5.カブスカウトは すすんでよいことをします

カブスカウトのモットー
  いつも元気


ビーバースカウトは入隊に際して、次のやくそくをします

ぼく(わたし)はみんなとなかよくします
ビーバー隊のきまりをまもります

ビーバー隊のきまり
1.ビーバースカウトは げんきにあそびます
2.ビーバースカウトは ものをたいせつにします
3.ビーバースカウトは よいことをします

ビーバースカウトのモットー  なかよし

 

スカウト運動の歴史


この運動は20世紀初頭のイギリスで、少年たちの手によって誕生しました。



1907年、イギリスのベーデン・パウエル卿が自らが隊長となって、イギリスのブラウンシー島で20人の少年たちとともに実験キャンプを行い、この結果と自らの体験を基に「スカウティング・フォア・ボーイズ」という本を発行しました。



ベーデン・パウエル卿は軍人時代に優秀なスカウト(斥候)であり、自らが体験したキャンプ生活や自然観察、自然体験を少年たちの旺盛な冒険心や好奇心と結びつけ、そこから開発したゲームや活動を通じて少年たちに自立心や協調性、リーダーシップを身につけさ、社会に役立つ人材の育成することを目指しました。

スカウトとは軍隊での「斥候」という意味でしたが、ベーデン・パウエル卿は「平和のスカウト」として、「自ら率先して幸福な人生を切り開き、社会の発展に貢献する人」を少年たちが目指すことを説きました。

ですから、「斥候」というよりは「先駆者」という意味に動きをおきました。

そして、この本が出版されるとまたたく間に少年たちに読まれ、読んだ少年たちはそれを実行しはじめました。少年たちは周囲の大人たちに「僕たちはボーイスカウトになりたいから、隊長になってください」と申し出るようになり、それはやがて海を超え、現在では世界の216の国と地域でスカウトの活動が行われるようになりました。


 


B-P ストーリー(ppt)
 

B−Pの最後のメッセージ

スカウト諸君
「ピーターパン」の劇をみたことのある人なら、海賊の首領が死ぬ時には、最後の演説をするひまはないにちがいないと思って、あらかじめその演説をするのを、覚えているであろう。私もそれと同じで、今すぐ死ぬわけではないが、その日は近いと思うので、君たちに別れの言葉をおくりたい。

 これは、君たちへの私の最後の言葉になるのだから、よくかみしめて、読んでくれたまえ。
 私は、非常に幸せな生涯を送った。それだから、君たち一人一人にも、同じように幸福な人生を、歩んでもらいたいと願っている。

 神は、私たちを、幸福に暮らし楽しむようにと、このすばらしい世界に送ってくださったのだと、私は信じている。金持ちになっても、社会的に成功しても、わがままができても、それによって幸福にはなれない。幸福への第一歩は、少年のうちに、健康で強い体をつくっておくことである。そうしておけば、大人になった時、世の中の役に立つ人になって、人生を楽しむことができる。

 自然研究をすると、神が君たちのために、この世界を、美しいものやすばらしいものに満ち満ちた、楽しいところにおつくりになったことが、よくわかる。現在与えられているものに満足し、それをできるだけ生かしたまえ。ものごとを悲観的に見ないで、なにごとにも希望を持ってあたりたまえ。

 しかし、幸福を得るほんとうの道は、ほかの人に幸福を分け与えることにある。この世の中を、君が受け継いだ時よりも、少しでもよくするように努力し、あとの人に残すことができたなら、死ぬ時が来ても、とにかく自分は一生を無駄に過ごさず、最善をつくしたのだという満足感をもって、幸福に死ぬことができる。幸福に生き幸福に死ぬために、この考えにしたがって、「そなえよつねに」を忘れず、大人になっても、いつもスカウトのちかいとおきてを、堅く守りたまえ。神よ、それをしようとする君たちを、お守りください。

君たちの友

Baden−Powell